LoL Beginnerの観戦日記

コロナがきっかけでLoL始めました. プロの試合を観戦するのにはまったので, ついでに記録を残すためのブログです.

グループステージ Day4 観戦日記:G2嘘だよな!? Fnaticナイス!【LoL WCS2020】

WCS2020のグループステージも前半が終わりましたね。

これまでの観戦日記はネタバレに気を付けて、前半にオススメの試合紹介、後半に試合結果込みの感想という書き方でしたが、今回の日記は2試合についてネタバレ気にせず書こうと思います。なので、結果は知らずにアーカイブを見たい人は、「続きを読む」は押さずにここで閉じることをお勧めします。

 

 

G2 vs TL:G2嘘だと言ってくれ!? 

youtu.be

見出しだけで分かるようにG2が負けました... G2は強敵Suningも倒してこれまで2勝、一方TLは2敗と苦しんでいて、正直試合前はG2が勝つものだと思っていて試合は流し見していました。まさか負けるとは...

まずPickですがmidのCapsがジェイスを使っています。jgにニダリーも取っているのでポーク構成ですが、ポーク構成であるならCapsはゾーイのパフォーマンスが素晴らしいので、なんでジェイスなんだと思いました。今後の試合に向けてピックを隠すという意図があったのかもしれませんが... ジェイスというチャンピオン自体が弱いのか、Capsが得意でないのかは分かりませんが、正直見せ場がほとんどないな~、と思いました。

まだ見ていないのですが、ジェイスがメインのJapaneseKoreanUGさん[YouTube]は実況解説動画でジェイスバフしてくれ~と言っていそうですね。彼のYouTubeチャンネルでは日本語実況の動画が翌日の昼にはアップロードされていることが多いので、日本語実況で試合を見たい方はぜひチェックしてみてください。

話を試合に戻すと、最初はTLが赤バフへのインベードを仕掛け、結果G2 Jankosがデッド、赤バフも取られてしまいます。これまでG2のジャングラーJankosの序盤のパフォーマンスが良くないので、そこを狙っていこうという意図だと考えられます。

G2の得意な形であるmidとjgで試合を動かしていくというのが、以上の2つの理由で難しくなりました。そこでG2はbotレーンの2人がmidレーンにロームしテコ入れを図りますが、TL supのCoreJJのベートを深追いしたCapsがデッドし失敗に終わります。この間、TLのadcはフリーでファームができ、一時adc間で3レベル差生じることもありました。この序盤の部分がゲーム全体に大きく影響したのは間違いありません。

個人的にPICK'EMでグループAの1位にしていましたし、ここ2試合いい試合を披露してくれたので、これがLoLか~という気持ちでいます...

このままネガティブに終わるのも嫌なので、今日仕入れた豆知識を披露すると、LJLの解説Revolさんによれば、G2がNAのチームは弱いよと言うとその試合のG2は弱い、というのがG2あるあるだそうです。今回もG2のtopレーナ― Wunder が試合前のインタビューでTLのことを弱いと言っていたそうなので、見事にフラグが立っていたわけですね。(これは聞いた内容なので正確性に欠けるかもしれません)こういうトリビアも面白いですし、試合を見るときにより楽しめる要素が増えてお得な感じがします。

Fnatic vs Gen.G:Fnaticは俺のPICK'EMの希望を繋いでくれた!

youtu.be

見出しの通り、Fnaticが勝ちました。PICK'EMでFnaticを1位、Gen.Gを2位にしていたのですが、ここ2試合を見たところ、Gen.Gが安定して強い一方でFnaticはLGDに対して残念な負けがあり、これはGen.Gが1位かなと思っていたので、いい意味で予想外な結果になってくれました。

Fnaticが勝った要因として、集団戦に強い構成をドラフトできたことが1つあると思います。topにオーン、supにレオナがいてエンゲージスキルがありますし、midにオリアナがいるので、ショックウェーブを使ってエンゲージとの強力な合わせを行うことができます。狙い通りのピックができた時のFnaticは強いと言われているので、実際にそうなったのかなと思います。LGD戦の時のFnaticは、エンゲージ要素がセトとスレッシュのフックしかなく、集団戦がかなり繊細で難しくなっていましたね。

Fnaticの構成に対して、Gen.Gはアジールをpickしてultでディスエンゲージして対応しようという構えです。ですが、現在のパッチ(10.19)において、アジールには集団戦でダメージが出るようになるまで時間がかかるという欠点があります。これは先日のRGE vs JDGでも見られました。RGEのmidレーナ―Larsenがアジールをpickしていましたが、戦えるビルドが整うまでに時間がかかりすぎて、それまで影響力を出せていませんでしたね。今回も同様で、Gen.Gはドラゴンファイトは分が悪いという判断で、ファイトせずドラゴンを2体も譲っています。

もう1つこの試合のポイントとしては、Fnaticの Hylissang ガチャが完全にいい方に出たことでしょう。adcのRekklesは安定して強いので、まさに鬼に金棒という感じで、Fnaticは序盤botレーンで立て続けに積極的なアクションを起こしています。Fnatic のsupである Hylissang のパフォーマンスが上振れするか下振れするかというのも、Fnaticの試合を見る上で注目すると面白い点です。

 最後に

第1ゲームでG2が負けたのがPICK'EM的にショックで、今日はそれ以降の試合でどれが面白いとか感じなくなってしまいました... Day2とDay3に関しては、過去の記事で面白い試合を紹介しているので、よかったら読んでみてください。